誰でも簡単!初心者でも資産運用ができます

爆買いが減った影響

婦人

株にも影響する

テンバガーとして知られるドンキの株価は、現在は落ち着いています。そもそもドンキの株価は近年増加している海外からの旅行者の爆買いによって急激に引き上げられていましたが、それが最近下がってしまっているのです。では何故こんなことになってしまったのかというと、今まで爆買いしていた旅行者たちの旅行による年間消費額が減少してしまったからです。初めの頃は高額商品や大量買いをしていた旅行者たちですが何度も訪れるようになって購入する商品に変化が訪れ始めたのです。高額商品から生活必需品などの単価の安いものを購入するようになったことで旅行者の年間消費額が減ってしまいました。しかし、ドンキでは高額商品の他にも化粧品や食品などの消耗品も販売しています。旅行者が買う商品の傾向が変わっても、ドンキなら豊富な商品の種類によって柔軟に対応できるでしょう。また、現在は低価格の日用品の売り上げも伸びており、食料品を扱う総合スーパーの売り上げも好調です。総合的に見ても17年6月期の純利益予想は前期と比べて10%増です。旅行者の消費額が減少したことによって今後の株価に影響するのではないかという意見も見事に払拭している業績です。ドンキの株価、今が最も注目すべきときとも言えるでしょう。何故なら実際には利益が上がって売り上げが好調で、これから需要を見極めていけばこれからも伸びていく可能性が高いからです。なので引き続きドンキの株は注目の株といえます。